アヴィニョンの橋の上で踊ろよ、踊ろよ

橋の上で踊ろよ、踊ろよで有名なアヴィニョン、
14世紀から約一世紀、法王庁が有ったことでも有名です。

sur_le_pont_davignon

アヴィニョンの法王庁と橋は南仏観光のマストスポット。
そしてガイドだった私は、例の歌を必ず皆様にご披露していました。

http://cosmedefrance.com

sur_le_pont_ronde乗りの良い女性グループの時には、
対岸の中州で歌いながら、ラインダンス。
可哀想な男性添乗員さんは、皆さんのカメラの撮影にあっち行って、こっち行って。
大声で歌って、踊った我々は、あっという間に旧知の友の様に打ち解けます。

さて、中世ヨーロッパで最大の宮殿と言われる法王庁、
まさに石の塊で、広場に立ってシャンポー門という
ロケットが2本並んでいる正面入り口を目にするだけで、
ウオ〜となります。
最初はローマから、チョット引っ越して来たという感じだったので、
法王庁としての体裁を急ピッチで整え、権威を内外に示しました。
資金はどうやら、当時十字軍で大変な収益を上げた
テンプル騎士団を弾圧し、その財産を法王庁の建築資金にした様です。

Façade_du_Palais_des_Papes
アヴィニヨンの法王庁正面入り口2本のロケットはシャンポー門

 

余談ですが、ポルトガルという小国が大航海に出て行けたのも
この資金のお陰だそうで、ヴァスコ・ダ・ガマはインド航路を発見。
フランシスコ・ザビエルは日本にキリスト教をもたらしました。

http://cosmedefrance.com

宮殿内は残念ながら、フランス革命期にかなりの改築、略奪の為
かつての素晴らしい装飾は殆ど残っていません。
それでも、法王のプライベート・スペースにその片鱗が見え
いにしえの豪華さを感じさせてくれます。

avignon
法王の執務室、鹿の間

 

がらんどうの大広間に入った時、かつての祝宴の模様を想像してみて下さい。
まだフォークの無かった時代のこと、高貴な方々は手を使って食事をしていました。
口はテーブルクロスでぬぐっていたし、お隣とスープボールは共用だったとか?!
食材は大量に買い付けられていたようで、例えば、何百頭の羊、何千羽の若鳥を
仕入れた、などと言う台帳が現存しています。

ところで、冷蔵庫の無い当時、これらの肉は腐って悪臭を放っていたとか!!!

それで、肉の腐臭を消すために香辛料が大活躍をしました。

ベニスの商人は軽量コンパクト、だけど超高価で超人気商品の香辛料で
巨万の富を築いたと言われています。

サン・ベネゼ橋

ツアーの最後に角塔の上に上がる時もあります。
右手にはノートルダムドン大聖堂のマリア像今は美術館になっている小宮殿、
その向こうにはローヌ川にかかる例の橋。
本当はサン・ベネゼ橋と言い、元羊飼いベネゼの名前が付いてます。

左手は19世紀以降の新しい街並み。
劇場と市庁舎が有ります。

http://cosmedefrance.com

おっと、正面を忘れていました。

元造幣局、ボルゲーゼ家の紋章を配した建物の正面はルネサンス様式の典型です。

Montée de la Tour Villeneuve-lès-Avignon Languedoc-Roussillon France
元造幣局

 

城壁に囲まれたこれらの旧市街は、中世の街並みを良く残していて
街歩きをしているとタイムスリップをした様です。

日本で言ったら、寺社街、京都に匹敵するでしょうか。

住人がセンスがあるせいか、美味しいレストラン、素敵なブティック、お洒落なカフェがそこかしこに。

もしも、アヴィニョンにお越しの際は、フリータイムに街歩きををお勧め致します。
きっと素晴らしい発見が有りますよ。

追記

私ごとで恐縮ですが、昨年末、永らくアヴィニョンのガイドをされていた
ミチさんが永眠されました。心よりご冥福をお祈りいたします。

http://cosmedefrance.com

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中