夢の一軒家をスペインに求めて

carte-mapフランスの国境を越えてスペインに行くと
コスタ・ブラバ(猛々しい海岸線)というリゾート地が有ります。
バルセロナまで1時間弱 。スペイン、フランスだけでは無く
ドイツ、イギリス、オランダからも観光客を集め、
ドイツ村、オランダ村なんていうのも有り
リタイアしたカップルが太陽を求めて、沢山移住しているそうです。

私達もこちらに来て、フランス人に教えられ
家族で小旅行に行きました。

http://cosmedefrance.com/

海が大好きな私は、こちらで家を買う時も
オーシャン・ヴューの家を探しましたが
モンペリエ近辺は真っ平らの湿原地帯で
家と海の目線が同じなのです。
仕方なく山寄りに現在の家を購入しました。

hd-wallpaper-spania-barcelona-costa-brava
コスタ・ブラバにある小さな港町

ところが、一歩スペイン側に入ると
断崖絶壁の上に絶景の一軒家が目白押し!!
しかも、カッコイイ家が沢山建っていて、
経済危機のスペインでは、近年そんな家々が
ゾクゾクと売りに出されています。

老後は絶対此処だと決めて、
暇を見つけては家探しと、ミニヴァカンスを兼ねて
スペイン通いをしています。

http://cosmedefrance.com/

ピレネーを越えただけで、リラックス気分。
しかも、料理はオリーブオイルと塩味でアッサリしていて
安くて、タップリしていて、新鮮。
ソースを使うフランス料理よりずっと気に入ってます。

tapas9-490x250
スペイン名物タパス

良く泊まるホテルは、母がメンバーに成っている
福島県の小名浜のホテルとソックリで、
松林が続く海岸線や沖の方に小さい岩島が有るのまで同じです。

1_196558_1
スペインの小名浜

小名浜の様に露天風呂は無いけど、地中海を臨みながらスパに入り、
朝はプライベート・ビーチを散策。
ドーベルマンのHANAKOが来た時も、直ぐに連れて行って
朝この浜辺を散歩しましたっけ。

海岸線をドライブしながら、売りに出ている家はないかなぁ〜と物色。
素敵な家を見付けては、こんな家に住みたいと写真をパチリ。

不動産屋に頼んで物件をみせてもらいましたが、
スペインにはお金持ちがいるものです。

http://cosmedefrance.com/

1ヨットハーバーの突端に建っている家は、土地こそ狭いけど
海を独り占め出来るし、自分の家からヨットやボートを出帆できるのです。
ベットルームは9室、家の中に何とエレベーター有り。
これってホテルじゃないの??

casas-costa-brava-09

もう一軒は、第一線という海の間際、1ヘクタールの敷地に建つ豪邸。
これは管理人の家も付いていて、老後の二人暮らしならこちらだけでも十分という
絶景のお宅でした。

どの家もメイドの部屋が付いていて、
住人のリッチなライフスタイルを十分想像できます。

家探しも新車マセラティが来て、益々楽しくなりました。

焦らずに、気長にゆっくりと終の住処を探すつもりです。

http://cosmedefrance.com/

広告

「夢の一軒家をスペインに求めて」への2件のフィードバック

  1. ブログとはそういうものなのかもしれませんが~          共働きで日々通勤電車の中でストレスを感じ、毎週夫婦で土日連休になるわけでもなく、唯一の日曜日には洗濯機を何度も回し~なんていう生活の連続の私たちにとって、自由気ままにさえ感じるうらやましい内容のものですね。
    我が身の生活とはかけ離れてはいますが、年に一度の夏休み(これもたったの5日間)には、ワイン好きの主人に感化され、フランスやドイツのワイン畑を歩く旅行に出かけるのが楽しみです。
    いつか南仏プロヴァンスのラベンダー畑の中で、ロクシタンの化粧品を買い込んで来たい、という私の夢を果たしにいきたいと思っています❤
    と、ここまで書いて思うこと、ゆかりさんのブログは、「私に夢を見るチャンスを与えてくれるもの、だから毎回楽しみに読んじゃうもの」でもあります。
    非日常を食べて日常を暮らす、これが私たち流の生き方だと思っています。
    これからも私たちに「夢を見る時間」を送ってくださいね。

    いいね

    1. メッセージありがとうございます。

      香港に住んでいる時、朝から晩まで空港裏の工場街で働いていました。
      仕入れも、商品の梱包、発送もなんでも自分でやり、運送会社が商品を持っていくのは夜中です。
      家は買ったけどローン払えるか全然自信ない。ナイトクラブでアルバイトしないとダメかなぁなんて考えたりして????

      工場のワーカーは小旅行に行ったり、レストランで家族と食事したり楽しそうにしているのを横目に
      絶対に幸せになってやる!!!!
      と自分に言い聞かせ。

      フランスに来て少しわかったのですが、いつか何、何するでは遅いのです。
      毎日の暮らしの中でああいいなぁをたくさん蓄積できたら結構それだけで幸せ。
      仕事は絶対きれないので休暇を過ごしながら仕事を片付ける。
      年取って毎日を楽しむコツを会得したのかも?!

      南仏の田舎は無理を強いられることがありません。
      だから自然でいられるのかもしれません。
      お天気が良ければ空が綺麗で、それだけで幸せです。

      日本は確かにどこも混雑、たくさんの騒音、宣伝、人の山、物の山。
      先日帰国した際、確かに外に出てぐったりして帰ってきました。

      ご主人とのワイン旅行とても素敵です。
      最近思うのですが夫婦の円満って結構忘れがちです。
      旅行をしていて私の主人は、食べるものも泊まるところも訪れるところも
      同じ感覚を共用できて心地よい。
      ちょっと出会ったボーイフレンドでは絶対味わうことのできない
      深いところでの繋がり。
      お互いにパートナーの健康を祈りつつ、素敵な日々を過ごしましょう。

      由香梨

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中