カテゴリー別アーカイブ: ブレス鶏と三ツ星レストラン・ジョルジュ・ブラン

ブレス鶏と三ツ星レストラン・ジョルジュ・ブラン

http://www.cosmedefrance.com

食と金融の街として有名なリヨンの郊外、
マコンとジュネーブを結ぶ高速道路にヴォナという出口が有ります。
この、ヴォナ村こそジョルジュ・ブラン帝国と言われている
三ツ星シェフ、ジョルジュ・ブラン一族の本拠地です。

village blanc

もう童話に出て来そうな素敵な村で、全て田舎風に統一、
春から秋までは沢山の花で溢れて居ます。

飯処として始めた最初のレストラン、アンシエンヌ・オーベルジュ、
三ツ星レストラン、スパホテル、ブティック、パン屋、ケーキ屋
が村の一等地を独占。

村役場は三等地ぐらいのとこかな⁈

Ancien Auberge
アンシエンヌ・オーベルジュ

アンシエンヌ・オーベルジュはジョルジュ・ブランの
曾祖父の代から有るレストランで、行商の鶏商人が主なお客さん。
祖母の代に、一ツ星、二ツ星と獲得したファミリーのルーツが此処。
鶏商人達の口コミがフランス中に伝播した証です。

この商人達が扱っているのが、
中世から高級食材として有名なブレス鶏、
正に、此のヴォナ村近郊が生産の本拠地です。

Poulet de Bresse
ブレス鶏

今日では、世界的に有名になったブレス鶏ですが、
ブロイラーの台頭で、一時存亡の危機に瀕しました。
此のブレス鶏を救ったのがジョルジュ・ブラン。
フランス、ヨーロッパ、世界中にブレス鶏を
宣伝して歩きました。

青い脚、白い羽、真っ赤なトサカ。
フレンチトリコロールの様なブレス鶏の味の秘密は何処に?

ブロイラーが40日そこそこの飼育期間に対して
ブレス鶏は最低4ヶ月広々とした敷地で放し飼い。
だから、肉がメタボではなくシッカリしまっていて
とても味わい深い美味しさが有ります。

Mere blanc et Paulette blanc
左が、おばあちゃんエリザ。右はお母さんポーレット。

レストラン・ジョルジュ・ブランの名物料理には
必ずブレス鶏が出てくるし、祖母の得意料理は
「おばあちゃんのブレス鶏クリーム風味」
アンシエンヌ・オーベルジュの看板メニュー。
飯処だったその昔、沢山の鶏商人から絶賛されたと言われてます。

58-restaurantgeorgesblanc-photopresentation-fr2
ジョルジュ・ブラン

祖母の後を継いだ、ジョルジュ・ブランは三ツ星シェフとなり
今では、ポール・ボーキューズと並んでフランス料理界の大御所になりました。
集客力の有る大都市を目指さず、
地元の村お越しに努めた彼の姿勢に脱帽です。

ヴォナ村に行くと、ジョルジュ・ブランがよく歩いていて、
特に、昼と夜は必ずアンシエンヌ・オーベルジュで
スタッフと食事をするのが常で、気軽に写真撮影に応じてくれます。

皆様も機会があれば是非訪れて見て下さい。

個人的にご縁が有った話は、パート2でご覧下さい。

Bon appétit !!

http://www.cosmedefrance.com

photo

広告