カテゴリー別アーカイブ: ヤルタのケーブルカーは乗るのも命懸け

ヤルタのケーブルカーは乗るのも命懸け

map

黒海クルーズでウクライナのヤルタに行きました。
あの、ヤルタ会談が開かれたところです。

山が海に迫っていて、熱海みたいに思えたのですが
私の記憶違いでしょうか?

 

玉ねぎ屋根のギリシャ正教会とレーニンの銅像で
東側というのがわかるのですが、
リゾート地ぽくて、お金持ちがヴァカンスで滞在する
アパートやホテルが結構建っていました。PicMonkey Collage3
船からケーブルカーが見えていたので
下船すると早速乗って見ることにしました。

普通はケーブルカーの乗り場はこちらです。
の看板ぐらい有りますよね⁈
すごい不親切で、全然分から無い。
ここだと思って入ったら、カフェで
裏に回れと言われる始末。

photo 4

乗り場には、元共産圏的愛想の無いオバちゃんが切符売り場に。
ロシア語、「ハイ、往復ね。来たの勝手に乗ンなさい。」
と言ったかどうか⁇

日本は勿論、フランスでもケーブルカー乗り場には
誰かいて、乗り降りを補助してくれるし、
鍵も掛けてくれると思うのですが、
一人でいきなり乗るの、これが難しい。
一台通過、二台通過、全然乗れない⁉

photo 3

大体、入口が凄く狭い。中も大人が向き合ってキチキチ。
こちらのビア樽体型にサイズが合って無いよ‼︎‼︎

モタモタしている東洋人に、オバちゃんの喝が飛んだ。
ロシア語、「ドアを開ける、足を入れる、乗っかる、
二人目、同じ事、繰り返す、モタモタしない!」
私、片言ロシア語、日本語、「スパシーパ、ありがとう。」

日本のおもてなしの、おの字もないこの現実。

私達お客さんなんですけど⁉

http://www.cosmedefrance.com

広告