カテゴリー別アーカイブ: 南仏と私

ニーム

220px-Augustus_30-20BC_Louvre_Ma1278
アウグストゥス

隣町ニームは私の住んでいるモンペリエより旧くて
2000年以上の歴史があります。
ローマ時代、街の形が整いました。
初代ローマ皇帝、アウグストゥスの退役軍人が、街の基礎を造りました。
退役と言うと、老後を楽しむ老人を想像してはいけませ。
軍役中に駐屯地の建設、大小の橋を架ける工事、防御壁の構築、給水、排水工事
こんなのをどんどんやらされるので、退役時には皆んな立派な土建屋さんです。
軍団毎に入植するから、真っ新な所に、
何とか建設がやって来て、街造りをするようなものです。

maison-carree-nimes_02
メゾン・カレ

そんな訳でニームの街の真ん中にメゾン・カレという
ローマ時代の神殿が残っています。
イタリアのローマで言えばフォロ・ロマーノに当たります。
近年修復が行われ、白亜のモニュメントが
街の中で共存して居るのが羨ましい限りです。
普通は入場料を取るため、モニュメントは隔離されて居るけど
メゾン・カレは写真を撮るならタダ。それだけで十分、
ローマのいにしえに触れることができます。

http://cosmedefrance.com/

vueduciel_0
円形闘技場

近くには円形闘技場も、ほぼ完全な形で現存していて
この2つのモニュメントから街の規模を想像すると
かなり本家本元のローマに近く、素晴らしい大都市だったのが分かります。

nimes_ferienhaus
ポン・デュ・ガール

ところで、世界遺産になっているポン・デュ・ガールと言う水道橋、
水の通り道ですが、このニームに水を運ぶ為に建設された物です。
生活用水は街の中で湧き水が有り、足りていたのですが、
贅沢用水として50キロの水路を引いて、水を運んだと言うから、
街が如何に権勢が有ったかを窺い知る思いです。

http://cosmedefrance.com/

今でも工事で地中を掘ったりすると、ローマ時代のモザイクや銅像なんかが
出て来るそうで、工事関係者には厄介な工事中断事件、
考古学者には嬉しい発見になるそうです。

lembleme-de-la-ville-de-nimes-(clou-de-la-ville)-700-86607
ニームのエンブレム

入植したアウグストゥスの退役軍人達は、アントニーとクレオパトラのエジプト軍に
勝った軍隊で、エジプトを象徴するワニを鎖に繋いだロゴが街の紋章になりました。
市役所の階段の踊り場の天井には、ワニの剥製がぶら下がっています。
椰子の木を背景にした、鎖に繋がれたワニのロゴを探してみて下さい。

nimes2_html_5a55208b
マーニュの塔

街を囲っていた6キロの城壁の頂点にはマーニュの塔が建っていて
高速道路でニームに近づくと、先ずこの塔が見えて来ます。
高層建築が立ち並ぶ今日でも(日本程では有りませんが)
この塔がよく見えると言う事は、ローマ時代は円形闘技場も
メゾン・カレもポン・デュ・ガールも良く見えて
情報流通が余り発達していない其の昔、
ニームを訪れて、ローマ詣でのつもりになっていた
おノボリさんもいた事でしょう。

http://cosmedefrance.com/

155125456-800x800
デニム

中世の頃から繊維産業が盛んで、コロンブスが新大陸発見に旅立つ時、
帆船の帆をニームに発注しました。
一連の丈夫な生地が新大陸アメリカに運ばれて、パンツなども作られました。
Gパンの素材デニムは「Toile de NIMESートワールドニーム」から来ているとか。
ジーンズはコロンブスの一行がジェノバの商人で「ジェーン」と言われていたのが
ジーンズになったそうです。
GパンはメイドインUSAだとばかり思っていましたが
こんな所に起源が有ったのかと、一つ勉強しました。

毎年5月には闘牛が嘗ての円形闘技場で開催され、
フランスはもとより、世界中から著名人がこのお祭りの為にやってきます。

ニームのフェリア(闘牛祭り)
ニームのフェリア(闘牛祭り)

勿論、夜はフラメンコとジプシーギターだけでは無く、
熱いラテンのリズムで大フィーバー。
モニュメントのみが過去と現在、そして未来の生き証人です。

http://cosmedefrance.com/

広告

アヴィニョンの橋の上で踊ろよ、踊ろよ

橋の上で踊ろよ、踊ろよで有名なアヴィニョン、
14世紀から約一世紀、法王庁が有ったことでも有名です。

sur_le_pont_davignon

アヴィニョンの法王庁と橋は南仏観光のマストスポット。
そしてガイドだった私は、例の歌を必ず皆様にご披露していました。

http://cosmedefrance.com

sur_le_pont_ronde乗りの良い女性グループの時には、
対岸の中州で歌いながら、ラインダンス。
可哀想な男性添乗員さんは、皆さんのカメラの撮影にあっち行って、こっち行って。
大声で歌って、踊った我々は、あっという間に旧知の友の様に打ち解けます。

さて、中世ヨーロッパで最大の宮殿と言われる法王庁、
まさに石の塊で、広場に立ってシャンポー門という
ロケットが2本並んでいる正面入り口を目にするだけで、
ウオ〜となります。
最初はローマから、チョット引っ越して来たという感じだったので、
法王庁としての体裁を急ピッチで整え、権威を内外に示しました。
資金はどうやら、当時十字軍で大変な収益を上げた
テンプル騎士団を弾圧し、その財産を法王庁の建築資金にした様です。

Façade_du_Palais_des_Papes
アヴィニヨンの法王庁正面入り口2本のロケットはシャンポー門

 

余談ですが、ポルトガルという小国が大航海に出て行けたのも
この資金のお陰だそうで、ヴァスコ・ダ・ガマはインド航路を発見。
フランシスコ・ザビエルは日本にキリスト教をもたらしました。

http://cosmedefrance.com

宮殿内は残念ながら、フランス革命期にかなりの改築、略奪の為
かつての素晴らしい装飾は殆ど残っていません。
それでも、法王のプライベート・スペースにその片鱗が見え
いにしえの豪華さを感じさせてくれます。

avignon
法王の執務室、鹿の間

 

がらんどうの大広間に入った時、かつての祝宴の模様を想像してみて下さい。
まだフォークの無かった時代のこと、高貴な方々は手を使って食事をしていました。
口はテーブルクロスでぬぐっていたし、お隣とスープボールは共用だったとか?!
食材は大量に買い付けられていたようで、例えば、何百頭の羊、何千羽の若鳥を
仕入れた、などと言う台帳が現存しています。

ところで、冷蔵庫の無い当時、これらの肉は腐って悪臭を放っていたとか!!!

それで、肉の腐臭を消すために香辛料が大活躍をしました。

ベニスの商人は軽量コンパクト、だけど超高価で超人気商品の香辛料で
巨万の富を築いたと言われています。

サン・ベネゼ橋

ツアーの最後に角塔の上に上がる時もあります。
右手にはノートルダムドン大聖堂のマリア像今は美術館になっている小宮殿、
その向こうにはローヌ川にかかる例の橋。
本当はサン・ベネゼ橋と言い、元羊飼いベネゼの名前が付いてます。

左手は19世紀以降の新しい街並み。
劇場と市庁舎が有ります。

http://cosmedefrance.com

おっと、正面を忘れていました。

元造幣局、ボルゲーゼ家の紋章を配した建物の正面はルネサンス様式の典型です。

Montée de la Tour Villeneuve-lès-Avignon Languedoc-Roussillon France
元造幣局

 

城壁に囲まれたこれらの旧市街は、中世の街並みを良く残していて
街歩きをしているとタイムスリップをした様です。

日本で言ったら、寺社街、京都に匹敵するでしょうか。

住人がセンスがあるせいか、美味しいレストラン、素敵なブティック、お洒落なカフェがそこかしこに。

もしも、アヴィニョンにお越しの際は、フリータイムに街歩きををお勧め致します。
きっと素晴らしい発見が有りますよ。

追記

私ごとで恐縮ですが、昨年末、永らくアヴィニョンのガイドをされていた
ミチさんが永眠されました。心よりご冥福をお祈りいたします。

http://cosmedefrance.com

フランスの美しい村 サン・ギエム・ル・デゼール

http://cosmedefrance.com

我が家から裏道を通ってクルマで30分弱、
ユネスコの世界遺産に指定された
サン・ギエム・ル・デゼールという村があります。
フランスの美しい村々の一つでもあります。

観光コースには入っていないので、
日本人の方は訪れる機会が無いと思いますが、とても素敵な所です。
そして、サンティアゴ・デ・コンポステラの巡礼路になっています。

68719736
巡礼路、飲み水を示している石版

 

村は岩山に囲まれた谷間、小川の流れに沿って縦長になっていて
もと教会だったツーリスト・オフィスを左手に入って行くと
グレーの石灰石の家並みが連なり、左手に村役場、
狭い石畳を歩いて行くと、突然視界が開け、
ジローヌ修道院の堂々とした、ロマネスク様式の後陣が見えてきます。

17770_2_abbaye_de_gellone
ジローヌ修道院

 

すごい石の塊なのに、やけに軽やかに見えるのは
レースの様にアーチ型の窓が連続しているからです。

因みに、ロマネスクは窓が半円馬蹄型。
その後のゴシックは大概真ん中が尖ってます。
お手元に10€と20€札が有れば比べてみて下さい。

BILLETS

修道院の入り口は、プラタナスの大木が茂っている広場にあります。

レストランとカフェが有り、暑いひと時のオアシスになっています。

レストランは観光地ズレしていないので、
メインディシュもデザートもドーンとボリューム満点。

saint-guilhem-le-desert-1326118826-10207
村の中心、リベルテ広場には樹齢150年のプラタナス

 

修道院の始まりは、ギエームという中世の騎士が、
サラセンとの血生臭い闘いに終止符を打ち、
人里離れた山里に隠遁したのがはじまりです。
1200年も昔の事です。

フランス国王の有力な戦士だったギエーム、
引退を惜しむ国王から、キリストの磔刑に使った
十字架の木片を授かります。
これが遺物として、巡礼者を集める事になりました。

だけど、遺物と言われている木片を集めると
一軒家が建つと言われているので真偽の程は……。

何はともあれ、遺物が有る無しでは、
教会や修道院の集客力が俄然違います。
詰まり、帆立貝をぶらさげている、巡礼者の事ですが。

coquille-st-jacques-compost
巡礼の印、帆立貝。聖ヤコブがついてます。

 

彼等が参ることで、道路や橋ができる、宿が出来る、
飯屋が出来る、土産物屋、医者だ、靴や馬具の修理屋だと
色んな商売が繁盛します。

そして教会にも大なり、小なりの寄付で商売繁盛\(^o^)/

コンクというフランス南西部の山奥にある教会は
聖遺物を盗む為に、10年計画で僧侶を送り、
無事、サント・フォアという聖人の遺物掠奪作戦に成功しました。
聖職者がこんな事して、罰が当たらないのでしょうか?

最も十字軍も聖戦という名目で、中世の当時、ヨーロッパと比べると

かなり高度な文明の下、リッチな生活を送っていたオリエントに
一攫千金を夢見て、掠奪に行ったらしいから
神様の為、教会の為、宗教の為ならなんでも有りかな(; ̄O ̄)

話は脇道にそれましたが、サン・ギエム・ル・デ・デゼールは
そんな浮世の雑事を忘れるぐらい、素朴なところです。
晴れていれば、尚更、心が洗われる思いです。

St-guilhem-314x367
修道院の回廊と夾竹桃の花

 

今日はお天気も良いので、久々に聖者ギエームの眠る
村にドライブに出かけてきます。

由香梨

http://cosmedefrance.com

ブレス鶏とジョルジュ・ブランそして我が息子 Part2

http://www.cosmedefrance.com

20年前に家族で渡仏した時、子供達は5歳、4歳、3歳。
特に長男、賢は広東語、英語、タガログ語(フィリピーナのメイドがいました)
日本語、そして、悪夢のフランス語と激変の語学体験をしました。
そのせいか、それとも元々か、長い事 、人と上手く話せず変人扱い。
友達もできず、辛い学校生活の日々。
せめて、落ちこぼれない様にと母息子で猛勉強の毎日でした。
( 基本的に塾は無いんですよ、フランスは。)

PicMonkey Collage5

そんな訳で、夕飯のしたくも勿論、二人三脚。
当然のことながら、料理が彼の得意技に。

専門学校を終え、就職した先が三ツ星シェフ、ジョルジュ・ブランの
レストランの一つアンシエンヌ・オーベルジュでした。
三ツ星の前に此処で色んなことを仕込まれます。

日本の高級レストランでは3年ぐらいは下っ端で、
其の後、少しずつ調理場に立つらしいのですが、
フランスは初日から、いきなり実践です。
4年もいたらセカンドやシェフが務まるというのが常識。

602728_303682023086659_3001126212_n
キッチンの仲間達、右端眼鏡が賢、隣がシェフ

運転免許が、教習所のコースが有る日本に対して、
フランスでは、学科が終わるといきなり路上教習になるのと
似てるかな⁇

初めての一人暮らしだし、モンペリエからは500キロ弱と遠方。
朝早くから、夜遅く迄、無事勤まるかなー⁇
と言う親の心配を他所に、どんどん成長していく彼に
家族全員が、賢すごいね‼︎

Georges Blanc
ヴォナ村はまるで童話の世界みたい

落ちこぼれ寸前の息子が、シェフの片腕となり、
同僚、後輩から慕われている姿を目の当たりにして
賢、良かったね‼︎と胸がジーン。
知らない土地で暮らすのは、楽じゃないよね。
まして外国だもんね。自分に言っているのか、
息子に言っているのか?

PicMonkey Collage4

家業を手伝うことになった息子がレストランを去る日、
ジョルジュ・ブランを始め全員がトークと言う
料理人が被る帽子に寄書きをしてくれました。
そして、シェフが特別メニューを私達親子に用意。
スタッフはアペリティフやコーヒー、プチフールを
サービスしてくれて、至れり尽くせり。
皆が、代わる代わる、別れの挨拶にやって来て
別れを惜しんだり、エールを送ったり…。

PicMonkey Collage6

友達もいなかった息子が、こんなに皆に愛されてるなんて
フランスに住んでて良かったなとまた一つ丸印。

そして我が家には、ジョルジュ・ブラン仕込みのシェフが帰って来ました。

PouletdeBressecreme
ブランお祖母ちゃんのブレス鶏クリーム風味

勿論、賢の得意料理は「お祖母ちゃんのブレス鶏クリーム風味」です。

http://www.cosmedefrance.com

ブレス鶏と三ツ星レストラン・ジョルジュ・ブラン

http://www.cosmedefrance.com

食と金融の街として有名なリヨンの郊外、
マコンとジュネーブを結ぶ高速道路にヴォナという出口が有ります。
この、ヴォナ村こそジョルジュ・ブラン帝国と言われている
三ツ星シェフ、ジョルジュ・ブラン一族の本拠地です。

village blanc

もう童話に出て来そうな素敵な村で、全て田舎風に統一、
春から秋までは沢山の花で溢れて居ます。

飯処として始めた最初のレストラン、アンシエンヌ・オーベルジュ、
三ツ星レストラン、スパホテル、ブティック、パン屋、ケーキ屋
が村の一等地を独占。

村役場は三等地ぐらいのとこかな⁈

Ancien Auberge
アンシエンヌ・オーベルジュ

アンシエンヌ・オーベルジュはジョルジュ・ブランの
曾祖父の代から有るレストランで、行商の鶏商人が主なお客さん。
祖母の代に、一ツ星、二ツ星と獲得したファミリーのルーツが此処。
鶏商人達の口コミがフランス中に伝播した証です。

この商人達が扱っているのが、
中世から高級食材として有名なブレス鶏、
正に、此のヴォナ村近郊が生産の本拠地です。

Poulet de Bresse
ブレス鶏

今日では、世界的に有名になったブレス鶏ですが、
ブロイラーの台頭で、一時存亡の危機に瀕しました。
此のブレス鶏を救ったのがジョルジュ・ブラン。
フランス、ヨーロッパ、世界中にブレス鶏を
宣伝して歩きました。

青い脚、白い羽、真っ赤なトサカ。
フレンチトリコロールの様なブレス鶏の味の秘密は何処に?

ブロイラーが40日そこそこの飼育期間に対して
ブレス鶏は最低4ヶ月広々とした敷地で放し飼い。
だから、肉がメタボではなくシッカリしまっていて
とても味わい深い美味しさが有ります。

Mere blanc et Paulette blanc
左が、おばあちゃんエリザ。右はお母さんポーレット。

レストラン・ジョルジュ・ブランの名物料理には
必ずブレス鶏が出てくるし、祖母の得意料理は
「おばあちゃんのブレス鶏クリーム風味」
アンシエンヌ・オーベルジュの看板メニュー。
飯処だったその昔、沢山の鶏商人から絶賛されたと言われてます。

58-restaurantgeorgesblanc-photopresentation-fr2
ジョルジュ・ブラン

祖母の後を継いだ、ジョルジュ・ブランは三ツ星シェフとなり
今では、ポール・ボーキューズと並んでフランス料理界の大御所になりました。
集客力の有る大都市を目指さず、
地元の村お越しに努めた彼の姿勢に脱帽です。

ヴォナ村に行くと、ジョルジュ・ブランがよく歩いていて、
特に、昼と夜は必ずアンシエンヌ・オーベルジュで
スタッフと食事をするのが常で、気軽に写真撮影に応じてくれます。

皆様も機会があれば是非訪れて見て下さい。

個人的にご縁が有った話は、パート2でご覧下さい。

Bon appétit !!

http://www.cosmedefrance.com

photo

シャトー・スミス・オー・ラフィット

Sans titre何年か前に、押し花教室の先生とその生徒さん達の
グループをご案内するツアーがありました。
フランス、南西部にあるトゥールーズからボルドー迄の小旅行。
途中、沢山の小さくて可愛い村々を巡ります。
皆様とてもリッチでレストランは必ずミシュランの星付き
ホテルは毎晩、5星に宿泊と近年に無い豪華旅行。
年齢も同じぐらいで、女同士なのでトテモ楽しいツアーでした。
最後のボルドーに着く直前に、コーダリー・スパのレストランでランチ。

http://cosmedefrance.com/shopbrand/003/X/

1380477090その後、お向かいのシャトーでワインテイスティングと言うことで、
コーダリー・ファミリーの御宅にお伺いいたしました。
勿論、ご家族は敷地内の別なところにお住まいで
広大な葡萄畑の中、左手、蔦の絡まるレンガ造りの塔がシャトー。
右手、田舎家風の建物がスパ・ホテル・レストランです。

auberge-la-table-du-lavoir chateau-smith-haut-lafitte美味しいお食事の後、大きなウサギのパネルが迎えるシャトーの入り口へ。
葡萄畑を左右に見ながら歩いていると、気のせいかローション・トニックの香りが。
案内役はイケ面のルーマニア人ロマンが担当。
何とサッカーのベッカムに似ています。chateau smith haut lafitte
ヤッター‼︎と全員で歓喜の悲鳴に湧いた。笑

最初は昔の大広間から始まり、階段を降りていよいよカーブに侵入。
樫の大樽で熟成中のワインが所狭しと並んでいて壮観。
7月の事で外は夏真っ盛りだけど、カーブの中は本当にヒンヤリしていて快適。
何よりも、ワインの芳香とチリも落ちてい無いキレイさと
灯りを消したら、完全な静寂の中の闇になってしまうのにビックリ。
綺麗を創る良い眠りは葡萄酒の様に有りたいと納得。

最後はサロンに上がり、白と赤ワインをいただきました。
案外、白の方が奥行きのある味わいだったのを覚えています。

les-sources-de-caudalieと、皆様が其々のワイン評価していると
お部屋中にクラッシック音楽が流れ、
床の真ん中が真っ二つに割れ始めた。
そして、階段で地階に降りると丸くなった壁中に
ワインボトルがずらーっと横たわっています。
ファミリーの隠し金庫、お宝ですよ〜。

他所のテイスティングでは絶対味わえない
演出に座布団10枚⁉︎

そして、ベッカムが宣うには、
皆様、シャトーで最も幸福な場所にようこそ‼︎

最後は大記念撮影会で締めました。

http://cosmedefrance.com/shopbrand/003/X/

ホームスイートホーム、サンジェリー・デュ・フェスク1995

 

http://cosmedefrance.com

何時もフランス人に聞かれます。
何でモンペリエに来たの?
どうしてサンジェリー・デュ・フェスク?
普通は先ずパリをめざします。
何しろ香港、北京でオーバーワークだった私は
ヴァカンスが欲しかったのとアジアから脱出したかったのです。
英語と広東語しか話せ無いから、英語圏の国に行くべきだけど
アメリカはもう何度も行ってるし、いつでも行ける、
やっぱりヨーロッパでしょう。
でも、イギリス寒そうだし、天気悪そう。
地中海だよね、行くなら。
イタリア、フランス、スペインの選択肢があったけど
フランスが何と無く安全そうてな具合です。
もう言葉は現場で覚えれば良いか?
( だけど、これは大変でした。フランス語は本当に難しいです。)
住むなら、家を買わなきゃと言うわけで探しに探しまわった末、
モンペリエ郊外の住宅街、サンジェリーにたどり着いて
かれこれ20年になりました。
今は、ヨーロッパに骨を埋める覚悟です。
それだけ気に入ってます
できれば、沢山の方々と本当に住んで良かったと言う
この思いを分かち合いたいです。

秋、サンジェリーは葡萄酒の香りに満たされて

photo 2
我が街サンジェリーの共同カーブ

 

収穫が終わったブドウ畑も
黄金色に色付きました。
私の住んでいる街にも共同カーブが有り、
集められたブドウの発酵が終わり、
瓶につめる作業の時でしょうか?
何日間か、街はワインの香りで満たされます。
我が家からカーブまでは1km位あるのに
ワインの香りがテラスに一杯。
飲めない私はそれだけで酔ってしまいます。
飲めるあなたは至福の時に浸るでしょう。
街をちょっと抜けると何処もかしこもブドウ畑。
これじゃビールやジュースよりワインが安いのも納得。
本当にグラスワイン、ほかのソフトドリンクより安いのです。
隣街ではブドウを足で踏んで、絞り出されたジュースを飲むとか?!
足の匂い大丈夫かな??????

http://cosmedefrance.com