タグ別アーカイブ: クルーズ

ヤルタのケーブルカーは乗るのも命懸け

map

黒海クルーズでウクライナのヤルタに行きました。
あの、ヤルタ会談が開かれたところです。

山が海に迫っていて、熱海みたいに思えたのですが
私の記憶違いでしょうか?

 

玉ねぎ屋根のギリシャ正教会とレーニンの銅像で
東側というのがわかるのですが、
リゾート地ぽくて、お金持ちがヴァカンスで滞在する
アパートやホテルが結構建っていました。PicMonkey Collage3
船からケーブルカーが見えていたので
下船すると早速乗って見ることにしました。

普通はケーブルカーの乗り場はこちらです。
の看板ぐらい有りますよね⁈
すごい不親切で、全然分から無い。
ここだと思って入ったら、カフェで
裏に回れと言われる始末。

photo 4

乗り場には、元共産圏的愛想の無いオバちゃんが切符売り場に。
ロシア語、「ハイ、往復ね。来たの勝手に乗ンなさい。」
と言ったかどうか⁇

日本は勿論、フランスでもケーブルカー乗り場には
誰かいて、乗り降りを補助してくれるし、
鍵も掛けてくれると思うのですが、
一人でいきなり乗るの、これが難しい。
一台通過、二台通過、全然乗れない⁉

photo 3

大体、入口が凄く狭い。中も大人が向き合ってキチキチ。
こちらのビア樽体型にサイズが合って無いよ‼︎‼︎

モタモタしている東洋人に、オバちゃんの喝が飛んだ。
ロシア語、「ドアを開ける、足を入れる、乗っかる、
二人目、同じ事、繰り返す、モタモタしない!」
私、片言ロシア語、日本語、「スパシーパ、ありがとう。」

日本のおもてなしの、おの字もないこの現実。

私達お客さんなんですけど⁉

http://www.cosmedefrance.com

広告

ロシアでは、バラライカでロックンロール

http://www.cosmedefrance.com

夏の終わりに念願のロシアに行ってきました。

当初は北海クルーズでサンクトペテルブルクを
訪れるつもりでしたが、リヴァー・クルーズが有り
サンクトペテルブルクからモスクワに行くことに。
バルト海からネヴァ川、湖、運河、ボルガ川を通って
モスクワ迄、運航しています。

PicMonkey Collage
PicMonkey Collage1カンディンスキーという船に乗り、
サンクトペテルブルクを後にして、
最初の停泊地、マンドラガに到着。
此処はダーチャという高級別荘を集めて
作られた観光地です。
と言っても木製の可愛い家々ですが…。

情報筋によると、
現大統領プーチン氏も冬場狩りに来るとか。
ホワイトハウス見たいのが有りましたっけ。

photo 1 (1)
プーチンのダーチャ?

さて、お昼ご飯、バーベキューを頂きながら

ショウタイムの始まり始まり。

シンガー、アコーディオン、バラライカの3人組が
早速、ロシア民謡を始めました。

因みに、バラライカはギターの下の方が三角になった楽器です。

balalaika
バラライカ

ステージの真ん前に陣取った私達は、
手を叩いたり、テーブルを叩いたり
ヒューヒューやったり、やたらに盛り上げ上手。

勿論、アンコール、アンコールの大合唱。

実は、このアンコールからがいよいよ、本番。
(我々の前後にやったショーはアンコール1曲でお開きでした。

バラライカのデニスが(というか、カバにソックリだから
カバノフスキー・デニスヴィチと命名。)
盛り上げ上手の変な東洋人(私)とフランス人4組に乗せられ
舞い上がったから大変だ。

photo (1)
カバノフスキーとアンドレイ

 

ロシア民謡から打って変わって、
ゴッド・ファーザーのテーマ、ジャズアレンジ。
プッチーニはトスカの「星は光りぬ」のロックアレンジ。
バッハのトッカータとフーガのニ短調はエレキバラライカ⁇が唸った。
カバノフスキーの汗も飛び散った。
200人強の観衆が揺れ動いた。
大喝采の波、そして波‼︎
最後はカントリーミュージックに会場は騒然の大手拍子。
変な東洋人こと私とフランス人ブリジットは
飛び入りで、イーハーと踊り始めた。

カンディンスキーの乗客乗員が一つになった
とっても素敵な瞬間でした。

カバノフスキーとアンドレイのホットなセッションで
バッハのトッカータとフーガのニ短調をお贈りいたします。

http://www.cosmedefrance.com