タグ別アーカイブ: スパ

アベンヌ

Avene_logo

 

http://www.cosmedefrance.com/shopbrand/001/X/

絵のように美しい、古きアベンヌ村は
南仏のオートラングドック自然公園の中、
オルブ渓谷に囲まれてひっそり佇んでいます。

温泉水の品質と効果は世界中に知れ渡っているのです。

全ては一頭の馬から始まりました。

cheval du marquis de Rocozels

ロコゼル侯爵の馬は怪我のため、部分的な脱毛を患い
毛並みが生え揃うのは、絶望的でした。
1736年のある日、湧き水で満たされている
バケツを見つけた馬は、
喉の渇きを潤すようにこの水を飲み続けます。
そんな事が何日か続いたある日、
侯爵が気が付くと、馬の毛並みが美しく生え揃い、
傷はすっかり治っているでは有りませんか。
侯爵は、この奇跡を、主治医に伝え、
患者の治療に役立てるように勧めます。
やがてその湧き水は、皮膚病と目の炎症に
効能が有ることが証明されます。

station thermale en 1743
最初のアベンヌ・スパ

1743年には最初の湯治場が作られます。
温泉水の評判は医師や患者の評判となり、
更にモンペリエ大学のお墨付きは
その名声を不動のものとします。
( 大学の権威はヨーロッパだけではなく世界的に
しられていたからです。)

Chicago-fire1
シカゴ大火災 ハーパーズ・ウィークリージョン・R・シャピン記

3

1871年、シカゴの大火災の際、温泉水が大量に海を渡りました。
火傷の治療に優れた効果を発揮するからです。

4 1874年、国立医学アカデミーから認定証を授与されます。

PFquadri-2008htdefファーマシーコスメで名高いピエール・ファーブル研究所の
傘下に入ります。

2
アベンヌ・スパ

1990年湯治施設がオープン、近代的施設の中で
患者の治療に当たっています。

Glass Science

2007年アベンヌ村の中に研究所が設けられ更なる研究が続いています。

slideimg52010年には皮膚治療の第一の施設という栄誉を獲得いたしました。

http://www.cosmedefrance.com/shopbrand/001/X/

広告

コーダリー

Mathile et Thomas BERTRAND

 

http://www.cosmedefrance.com/shopbrand/003/X/

 

ーの歴史は1993年、学生だった若いカップルの出逢いから始まりました。
トマ夫妻、夫人のマチルドの実家はボルドー近郊の、
シャトー・スミス・オー・ラフィットというブドウ園の所有者です。
毎日、ワインの搾りかすとして処分される葡萄の皮や種を見て
誰かかがつぶやいたこんな一言から、ビジネスがスタートします。
「もったいない‼︎ こんなお宝を捨てるなんて。このクズの中には
ビタミンEよりもっと有効な成分が含まれているのに!」
皮膚の老化の原因となるフリーラディカル( 日焼け、公害、喫煙が原因です。)
の盾となる成分、ポリフェノールです。
ポリフェノールが、老化の原因となる体内外の酸化を防止するのに絶大の効果が有るのは今や誰もが知っています。

Professeur Joseph Vercauteren

こうして、ポリフェノールの権威であるヴァーコターレン教授の協力を得て
1995年に最初の商品が世に送り出されます。
コーダリーのコンセプトは自然の葡萄の力を最大限に引き出す事。
種やエキスそしてワインを使って肌により良い化粧品を生み出すのが目的です。

ワインテラピーを体験できるスパも現在は世界中に8件を数えます。

 

Création du premier spa Vinothérapie en 1996

 

 

One Voice - Cosm’ethiques !!

人道コスメとでも訳しましょうか‼︎?

コーダリーは商品開発にあたって動物実験をしないことを提言しました。
自然の成分を使っているコスメに動物の生命を脅かす様な実験なんて必要ないじゃ有りませんか。
こうして、様々な特許を取得したコーダリーコスメの原材料はボルドーだけではなく、シャンパーニュやブルゴーニュ地方と言ったフランスの有名なのワイン処から
運ばれて来ます。

1% FOR THE PLANET

2012年以来、コーダリーでは売上の1%を環境保護のために寄付しています。
そんな活動がフランス国家から評価され、2013年には環境開発大臣賞を授与しました。

http://www.cosmedefrance.com/shopbrand/003/X/

 

シャトー・スミス・オー・ラフィット

Sans titre何年か前に、押し花教室の先生とその生徒さん達の
グループをご案内するツアーがありました。
フランス、南西部にあるトゥールーズからボルドー迄の小旅行。
途中、沢山の小さくて可愛い村々を巡ります。
皆様とてもリッチでレストランは必ずミシュランの星付き
ホテルは毎晩、5星に宿泊と近年に無い豪華旅行。
年齢も同じぐらいで、女同士なのでトテモ楽しいツアーでした。
最後のボルドーに着く直前に、コーダリー・スパのレストランでランチ。

http://cosmedefrance.com/shopbrand/003/X/

1380477090その後、お向かいのシャトーでワインテイスティングと言うことで、
コーダリー・ファミリーの御宅にお伺いいたしました。
勿論、ご家族は敷地内の別なところにお住まいで
広大な葡萄畑の中、左手、蔦の絡まるレンガ造りの塔がシャトー。
右手、田舎家風の建物がスパ・ホテル・レストランです。

auberge-la-table-du-lavoir chateau-smith-haut-lafitte美味しいお食事の後、大きなウサギのパネルが迎えるシャトーの入り口へ。
葡萄畑を左右に見ながら歩いていると、気のせいかローション・トニックの香りが。
案内役はイケ面のルーマニア人ロマンが担当。
何とサッカーのベッカムに似ています。chateau smith haut lafitte
ヤッター‼︎と全員で歓喜の悲鳴に湧いた。笑

最初は昔の大広間から始まり、階段を降りていよいよカーブに侵入。
樫の大樽で熟成中のワインが所狭しと並んでいて壮観。
7月の事で外は夏真っ盛りだけど、カーブの中は本当にヒンヤリしていて快適。
何よりも、ワインの芳香とチリも落ちてい無いキレイさと
灯りを消したら、完全な静寂の中の闇になってしまうのにビックリ。
綺麗を創る良い眠りは葡萄酒の様に有りたいと納得。

最後はサロンに上がり、白と赤ワインをいただきました。
案外、白の方が奥行きのある味わいだったのを覚えています。

les-sources-de-caudalieと、皆様が其々のワイン評価していると
お部屋中にクラッシック音楽が流れ、
床の真ん中が真っ二つに割れ始めた。
そして、階段で地階に降りると丸くなった壁中に
ワインボトルがずらーっと横たわっています。
ファミリーの隠し金庫、お宝ですよ〜。

他所のテイスティングでは絶対味わえない
演出に座布団10枚⁉︎

そして、ベッカムが宣うには、
皆様、シャトーで最も幸福な場所にようこそ‼︎

最後は大記念撮影会で締めました。

http://cosmedefrance.com/shopbrand/003/X/