タグ別アーカイブ: スペイン

夢の一軒家をスペインに求めて

carte-mapフランスの国境を越えてスペインに行くと
コスタ・ブラバ(猛々しい海岸線)というリゾート地が有ります。
バルセロナまで1時間弱 。スペイン、フランスだけでは無く
ドイツ、イギリス、オランダからも観光客を集め、
ドイツ村、オランダ村なんていうのも有り
リタイアしたカップルが太陽を求めて、沢山移住しているそうです。

私達もこちらに来て、フランス人に教えられ
家族で小旅行に行きました。

http://cosmedefrance.com/

海が大好きな私は、こちらで家を買う時も
オーシャン・ヴューの家を探しましたが
モンペリエ近辺は真っ平らの湿原地帯で
家と海の目線が同じなのです。
仕方なく山寄りに現在の家を購入しました。

hd-wallpaper-spania-barcelona-costa-brava
コスタ・ブラバにある小さな港町

ところが、一歩スペイン側に入ると
断崖絶壁の上に絶景の一軒家が目白押し!!
しかも、カッコイイ家が沢山建っていて、
経済危機のスペインでは、近年そんな家々が
ゾクゾクと売りに出されています。

老後は絶対此処だと決めて、
暇を見つけては家探しと、ミニヴァカンスを兼ねて
スペイン通いをしています。

http://cosmedefrance.com/

ピレネーを越えただけで、リラックス気分。
しかも、料理はオリーブオイルと塩味でアッサリしていて
安くて、タップリしていて、新鮮。
ソースを使うフランス料理よりずっと気に入ってます。

tapas9-490x250
スペイン名物タパス

良く泊まるホテルは、母がメンバーに成っている
福島県の小名浜のホテルとソックリで、
松林が続く海岸線や沖の方に小さい岩島が有るのまで同じです。

1_196558_1
スペインの小名浜

小名浜の様に露天風呂は無いけど、地中海を臨みながらスパに入り、
朝はプライベート・ビーチを散策。
ドーベルマンのHANAKOが来た時も、直ぐに連れて行って
朝この浜辺を散歩しましたっけ。

海岸線をドライブしながら、売りに出ている家はないかなぁ〜と物色。
素敵な家を見付けては、こんな家に住みたいと写真をパチリ。

不動産屋に頼んで物件をみせてもらいましたが、
スペインにはお金持ちがいるものです。

http://cosmedefrance.com/

1ヨットハーバーの突端に建っている家は、土地こそ狭いけど
海を独り占め出来るし、自分の家からヨットやボートを出帆できるのです。
ベットルームは9室、家の中に何とエレベーター有り。
これってホテルじゃないの??

casas-costa-brava-09

もう一軒は、第一線という海の間際、1ヘクタールの敷地に建つ豪邸。
これは管理人の家も付いていて、老後の二人暮らしならこちらだけでも十分という
絶景のお宅でした。

どの家もメイドの部屋が付いていて、
住人のリッチなライフスタイルを十分想像できます。

家探しも新車マセラティが来て、益々楽しくなりました。

焦らずに、気長にゆっくりと終の住処を探すつもりです。

http://cosmedefrance.com/

広告

コルドバは霧の中 part1

http://cosmedefrance.com/

スペイン南端のアンダルシア地方コルドバへ行って来ました。

あいにくの霧雨、しかも、ナビが全然機能しないのです。
何しろホテルはメスキータと云う世界遺産の真ん前。
この辺りは歩行者専用地区で、一般のクルマの乗り入れが出来ません。
そんな訳で、街中に入りいいとこまで行くのですが進入禁止で
肝心のホテルに近ずけない(゚o゚;;
もうとっくに日も暮れ切って、行ったり来たりグルグル、グルグル。
雨の中、街灯が景色を染め上げて、美しいのがせめてもの救いです。

今夜は、もう野宿覚悟だ、と開き直るしかない(^◇^;)

グアダルキビール川にかかるローマ橋

とにかく、グアダルキビール川沿いの一番近い橋をインプット。
1個手前の橋まで何とか辿り着き、進入禁止を無視して川沿いを入って行ったら、
ライトアップされたローマ橋が見えて来た、右手にはメスキータ*\(^o^)/*

メスキータは8世紀に建てられたイスラム教徒のモスクで、
スペインの国土回復戦争(レコンキエスタ)の後
キリスト教の大聖堂として転用されました。
中に赤と白の二重アーチが800本以上立っている有名な建物です。
昔は1200本以上の柱が林立、2万5千人を収容する大モスクでした。

 

IMG_3276
メスキータには800本以上の柱が林立

25年前に見たはずなのに、初めて見る様な大感動。
凄く大きな長方形(174×137)の建物で壁には、美しいアラベスクの浮き彫り模様。
野宿覚悟のコルドバ堂々めぐりも一瞬で忘れ去り、
ホテルにチェックインも束の間、直ぐに夜霧のコルドバに繰り出して行きました。

IMG_3242
ホテルの部屋から見たメスキータ

何しろホテルはメスキータのサンタ・カタリーナ門の真ん前。
部屋の窓を開けると、壁の模様がガーンと目の前に広がる絶好地です。
メスキータ側の観光地を避けて、ローマ橋対岸に写真を撮りながら渡って行きました。

 

 

対岸は14世紀、エンリケとペドロ1世の異母兄弟間で
国王の地位をかけて戦った激戦地だったそうです。

DSC01302
左の魚は美味しくて半分は食べてから慌ててフォトショット

現在は市民の生活の場となり、メスキータ側の観光地とは一線を画し
レストランもカフェもバーもあるのかないのか…。
看板の有りそうな方角に歩いて行ったら、人が沢山入っているレストラン発見。
中に入ると、材料を選んでその場で揚げて貰い、熱々を食べるフライ屋でした。
ハーフサイズを頼んだのに、1キロぐらいの魚のフライが出てきて
主人と二人で食べるのに苦労しましたが、とても美味でした。

DSC01313
アイスクリームより軽いだけど美味しい

その後は、帰り道のカフェで何だか分からないが美味しいらしいデザートをシェアして、
カフェ・ソロ(エスプレッソ)でお勘定。

そして、メスキータ側に戻ってタブラオで、フラメンコを見ながらサングリアをチビチビ。
ダンサーもギターも歌手もノリまくって最高の舞台を堪能しました。

酔い醒ましに世界遺産の周りを散歩、ライフスタイルも段々スペイン風になり
夜空には月も出てきて最高の気分で一日を終えました。

IMG_3225
コルドバは眠らない

 

アラーの神のご加護でしょうか?

ブエノスノウチェス(おやすみなさい)

http://cosmedefrance.com/