タグ別アーカイブ: モンペリエ

夢の一軒家をスペインに求めて

carte-mapフランスの国境を越えてスペインに行くと
コスタ・ブラバ(猛々しい海岸線)というリゾート地が有ります。
バルセロナまで1時間弱 。スペイン、フランスだけでは無く
ドイツ、イギリス、オランダからも観光客を集め、
ドイツ村、オランダ村なんていうのも有り
リタイアしたカップルが太陽を求めて、沢山移住しているそうです。

私達もこちらに来て、フランス人に教えられ
家族で小旅行に行きました。

http://cosmedefrance.com/

海が大好きな私は、こちらで家を買う時も
オーシャン・ヴューの家を探しましたが
モンペリエ近辺は真っ平らの湿原地帯で
家と海の目線が同じなのです。
仕方なく山寄りに現在の家を購入しました。

hd-wallpaper-spania-barcelona-costa-brava
コスタ・ブラバにある小さな港町

ところが、一歩スペイン側に入ると
断崖絶壁の上に絶景の一軒家が目白押し!!
しかも、カッコイイ家が沢山建っていて、
経済危機のスペインでは、近年そんな家々が
ゾクゾクと売りに出されています。

老後は絶対此処だと決めて、
暇を見つけては家探しと、ミニヴァカンスを兼ねて
スペイン通いをしています。

http://cosmedefrance.com/

ピレネーを越えただけで、リラックス気分。
しかも、料理はオリーブオイルと塩味でアッサリしていて
安くて、タップリしていて、新鮮。
ソースを使うフランス料理よりずっと気に入ってます。

tapas9-490x250
スペイン名物タパス

良く泊まるホテルは、母がメンバーに成っている
福島県の小名浜のホテルとソックリで、
松林が続く海岸線や沖の方に小さい岩島が有るのまで同じです。

1_196558_1
スペインの小名浜

小名浜の様に露天風呂は無いけど、地中海を臨みながらスパに入り、
朝はプライベート・ビーチを散策。
ドーベルマンのHANAKOが来た時も、直ぐに連れて行って
朝この浜辺を散歩しましたっけ。

海岸線をドライブしながら、売りに出ている家はないかなぁ〜と物色。
素敵な家を見付けては、こんな家に住みたいと写真をパチリ。

不動産屋に頼んで物件をみせてもらいましたが、
スペインにはお金持ちがいるものです。

http://cosmedefrance.com/

1ヨットハーバーの突端に建っている家は、土地こそ狭いけど
海を独り占め出来るし、自分の家からヨットやボートを出帆できるのです。
ベットルームは9室、家の中に何とエレベーター有り。
これってホテルじゃないの??

casas-costa-brava-09

もう一軒は、第一線という海の間際、1ヘクタールの敷地に建つ豪邸。
これは管理人の家も付いていて、老後の二人暮らしならこちらだけでも十分という
絶景のお宅でした。

どの家もメイドの部屋が付いていて、
住人のリッチなライフスタイルを十分想像できます。

家探しも新車マセラティが来て、益々楽しくなりました。

焦らずに、気長にゆっくりと終の住処を探すつもりです。

http://cosmedefrance.com/

広告

ブレス鶏とジョルジュ・ブランそして我が息子 Part2

http://www.cosmedefrance.com

20年前に家族で渡仏した時、子供達は5歳、4歳、3歳。
特に長男、賢は広東語、英語、タガログ語(フィリピーナのメイドがいました)
日本語、そして、悪夢のフランス語と激変の語学体験をしました。
そのせいか、それとも元々か、長い事 、人と上手く話せず変人扱い。
友達もできず、辛い学校生活の日々。
せめて、落ちこぼれない様にと母息子で猛勉強の毎日でした。
( 基本的に塾は無いんですよ、フランスは。)

PicMonkey Collage5

そんな訳で、夕飯のしたくも勿論、二人三脚。
当然のことながら、料理が彼の得意技に。

専門学校を終え、就職した先が三ツ星シェフ、ジョルジュ・ブランの
レストランの一つアンシエンヌ・オーベルジュでした。
三ツ星の前に此処で色んなことを仕込まれます。

日本の高級レストランでは3年ぐらいは下っ端で、
其の後、少しずつ調理場に立つらしいのですが、
フランスは初日から、いきなり実践です。
4年もいたらセカンドやシェフが務まるというのが常識。

602728_303682023086659_3001126212_n
キッチンの仲間達、右端眼鏡が賢、隣がシェフ

運転免許が、教習所のコースが有る日本に対して、
フランスでは、学科が終わるといきなり路上教習になるのと
似てるかな⁇

初めての一人暮らしだし、モンペリエからは500キロ弱と遠方。
朝早くから、夜遅く迄、無事勤まるかなー⁇
と言う親の心配を他所に、どんどん成長していく彼に
家族全員が、賢すごいね‼︎

Georges Blanc
ヴォナ村はまるで童話の世界みたい

落ちこぼれ寸前の息子が、シェフの片腕となり、
同僚、後輩から慕われている姿を目の当たりにして
賢、良かったね‼︎と胸がジーン。
知らない土地で暮らすのは、楽じゃないよね。
まして外国だもんね。自分に言っているのか、
息子に言っているのか?

PicMonkey Collage4

家業を手伝うことになった息子がレストランを去る日、
ジョルジュ・ブランを始め全員がトークと言う
料理人が被る帽子に寄書きをしてくれました。
そして、シェフが特別メニューを私達親子に用意。
スタッフはアペリティフやコーヒー、プチフールを
サービスしてくれて、至れり尽くせり。
皆が、代わる代わる、別れの挨拶にやって来て
別れを惜しんだり、エールを送ったり…。

PicMonkey Collage6

友達もいなかった息子が、こんなに皆に愛されてるなんて
フランスに住んでて良かったなとまた一つ丸印。

そして我が家には、ジョルジュ・ブラン仕込みのシェフが帰って来ました。

PouletdeBressecreme
ブランお祖母ちゃんのブレス鶏クリーム風味

勿論、賢の得意料理は「お祖母ちゃんのブレス鶏クリーム風味」です。

http://www.cosmedefrance.com