タグ別アーカイブ: レストラン

ブレス鶏とジョルジュ・ブランそして我が息子 Part2

http://www.cosmedefrance.com

20年前に家族で渡仏した時、子供達は5歳、4歳、3歳。
特に長男、賢は広東語、英語、タガログ語(フィリピーナのメイドがいました)
日本語、そして、悪夢のフランス語と激変の語学体験をしました。
そのせいか、それとも元々か、長い事 、人と上手く話せず変人扱い。
友達もできず、辛い学校生活の日々。
せめて、落ちこぼれない様にと母息子で猛勉強の毎日でした。
( 基本的に塾は無いんですよ、フランスは。)

PicMonkey Collage5

そんな訳で、夕飯のしたくも勿論、二人三脚。
当然のことながら、料理が彼の得意技に。

専門学校を終え、就職した先が三ツ星シェフ、ジョルジュ・ブランの
レストランの一つアンシエンヌ・オーベルジュでした。
三ツ星の前に此処で色んなことを仕込まれます。

日本の高級レストランでは3年ぐらいは下っ端で、
其の後、少しずつ調理場に立つらしいのですが、
フランスは初日から、いきなり実践です。
4年もいたらセカンドやシェフが務まるというのが常識。

602728_303682023086659_3001126212_n
キッチンの仲間達、右端眼鏡が賢、隣がシェフ

運転免許が、教習所のコースが有る日本に対して、
フランスでは、学科が終わるといきなり路上教習になるのと
似てるかな⁇

初めての一人暮らしだし、モンペリエからは500キロ弱と遠方。
朝早くから、夜遅く迄、無事勤まるかなー⁇
と言う親の心配を他所に、どんどん成長していく彼に
家族全員が、賢すごいね‼︎

Georges Blanc
ヴォナ村はまるで童話の世界みたい

落ちこぼれ寸前の息子が、シェフの片腕となり、
同僚、後輩から慕われている姿を目の当たりにして
賢、良かったね‼︎と胸がジーン。
知らない土地で暮らすのは、楽じゃないよね。
まして外国だもんね。自分に言っているのか、
息子に言っているのか?

PicMonkey Collage4

家業を手伝うことになった息子がレストランを去る日、
ジョルジュ・ブランを始め全員がトークと言う
料理人が被る帽子に寄書きをしてくれました。
そして、シェフが特別メニューを私達親子に用意。
スタッフはアペリティフやコーヒー、プチフールを
サービスしてくれて、至れり尽くせり。
皆が、代わる代わる、別れの挨拶にやって来て
別れを惜しんだり、エールを送ったり…。

PicMonkey Collage6

友達もいなかった息子が、こんなに皆に愛されてるなんて
フランスに住んでて良かったなとまた一つ丸印。

そして我が家には、ジョルジュ・ブラン仕込みのシェフが帰って来ました。

PouletdeBressecreme
ブランお祖母ちゃんのブレス鶏クリーム風味

勿論、賢の得意料理は「お祖母ちゃんのブレス鶏クリーム風味」です。

http://www.cosmedefrance.com

広告

ブレス鶏と三ツ星レストラン・ジョルジュ・ブラン

http://www.cosmedefrance.com

食と金融の街として有名なリヨンの郊外、
マコンとジュネーブを結ぶ高速道路にヴォナという出口が有ります。
この、ヴォナ村こそジョルジュ・ブラン帝国と言われている
三ツ星シェフ、ジョルジュ・ブラン一族の本拠地です。

village blanc

もう童話に出て来そうな素敵な村で、全て田舎風に統一、
春から秋までは沢山の花で溢れて居ます。

飯処として始めた最初のレストラン、アンシエンヌ・オーベルジュ、
三ツ星レストラン、スパホテル、ブティック、パン屋、ケーキ屋
が村の一等地を独占。

村役場は三等地ぐらいのとこかな⁈

Ancien Auberge
アンシエンヌ・オーベルジュ

アンシエンヌ・オーベルジュはジョルジュ・ブランの
曾祖父の代から有るレストランで、行商の鶏商人が主なお客さん。
祖母の代に、一ツ星、二ツ星と獲得したファミリーのルーツが此処。
鶏商人達の口コミがフランス中に伝播した証です。

この商人達が扱っているのが、
中世から高級食材として有名なブレス鶏、
正に、此のヴォナ村近郊が生産の本拠地です。

Poulet de Bresse
ブレス鶏

今日では、世界的に有名になったブレス鶏ですが、
ブロイラーの台頭で、一時存亡の危機に瀕しました。
此のブレス鶏を救ったのがジョルジュ・ブラン。
フランス、ヨーロッパ、世界中にブレス鶏を
宣伝して歩きました。

青い脚、白い羽、真っ赤なトサカ。
フレンチトリコロールの様なブレス鶏の味の秘密は何処に?

ブロイラーが40日そこそこの飼育期間に対して
ブレス鶏は最低4ヶ月広々とした敷地で放し飼い。
だから、肉がメタボではなくシッカリしまっていて
とても味わい深い美味しさが有ります。

Mere blanc et Paulette blanc
左が、おばあちゃんエリザ。右はお母さんポーレット。

レストラン・ジョルジュ・ブランの名物料理には
必ずブレス鶏が出てくるし、祖母の得意料理は
「おばあちゃんのブレス鶏クリーム風味」
アンシエンヌ・オーベルジュの看板メニュー。
飯処だったその昔、沢山の鶏商人から絶賛されたと言われてます。

58-restaurantgeorgesblanc-photopresentation-fr2
ジョルジュ・ブラン

祖母の後を継いだ、ジョルジュ・ブランは三ツ星シェフとなり
今では、ポール・ボーキューズと並んでフランス料理界の大御所になりました。
集客力の有る大都市を目指さず、
地元の村お越しに努めた彼の姿勢に脱帽です。

ヴォナ村に行くと、ジョルジュ・ブランがよく歩いていて、
特に、昼と夜は必ずアンシエンヌ・オーベルジュで
スタッフと食事をするのが常で、気軽に写真撮影に応じてくれます。

皆様も機会があれば是非訪れて見て下さい。

個人的にご縁が有った話は、パート2でご覧下さい。

Bon appétit !!

http://www.cosmedefrance.com

photo

シャトー・スミス・オー・ラフィット

Sans titre何年か前に、押し花教室の先生とその生徒さん達の
グループをご案内するツアーがありました。
フランス、南西部にあるトゥールーズからボルドー迄の小旅行。
途中、沢山の小さくて可愛い村々を巡ります。
皆様とてもリッチでレストランは必ずミシュランの星付き
ホテルは毎晩、5星に宿泊と近年に無い豪華旅行。
年齢も同じぐらいで、女同士なのでトテモ楽しいツアーでした。
最後のボルドーに着く直前に、コーダリー・スパのレストランでランチ。

http://cosmedefrance.com/shopbrand/003/X/

1380477090その後、お向かいのシャトーでワインテイスティングと言うことで、
コーダリー・ファミリーの御宅にお伺いいたしました。
勿論、ご家族は敷地内の別なところにお住まいで
広大な葡萄畑の中、左手、蔦の絡まるレンガ造りの塔がシャトー。
右手、田舎家風の建物がスパ・ホテル・レストランです。

auberge-la-table-du-lavoir chateau-smith-haut-lafitte美味しいお食事の後、大きなウサギのパネルが迎えるシャトーの入り口へ。
葡萄畑を左右に見ながら歩いていると、気のせいかローション・トニックの香りが。
案内役はイケ面のルーマニア人ロマンが担当。
何とサッカーのベッカムに似ています。chateau smith haut lafitte
ヤッター‼︎と全員で歓喜の悲鳴に湧いた。笑

最初は昔の大広間から始まり、階段を降りていよいよカーブに侵入。
樫の大樽で熟成中のワインが所狭しと並んでいて壮観。
7月の事で外は夏真っ盛りだけど、カーブの中は本当にヒンヤリしていて快適。
何よりも、ワインの芳香とチリも落ちてい無いキレイさと
灯りを消したら、完全な静寂の中の闇になってしまうのにビックリ。
綺麗を創る良い眠りは葡萄酒の様に有りたいと納得。

最後はサロンに上がり、白と赤ワインをいただきました。
案外、白の方が奥行きのある味わいだったのを覚えています。

les-sources-de-caudalieと、皆様が其々のワイン評価していると
お部屋中にクラッシック音楽が流れ、
床の真ん中が真っ二つに割れ始めた。
そして、階段で地階に降りると丸くなった壁中に
ワインボトルがずらーっと横たわっています。
ファミリーの隠し金庫、お宝ですよ〜。

他所のテイスティングでは絶対味わえない
演出に座布団10枚⁉︎

そして、ベッカムが宣うには、
皆様、シャトーで最も幸福な場所にようこそ‼︎

最後は大記念撮影会で締めました。

http://cosmedefrance.com/shopbrand/003/X/